2017年4月15日土曜日

カール・パーマー、自身のプロジェクト”Carl Palmer’s ELP Legacy”を語る

カール・パーマーが始めた、ELP楽曲を演奏するプロジェクト、Calr Palmer’s ELP Legacyについて語っているインタビューを見つけたので、その簡単な内容を紹介する。なお、インタビューはキース・エマーソンの死後、グレッグ・レイクの生前に行われたもので、音楽ライターのロブ・パターソンによるもの。

http://bestclassicbands.com/carl-palmer-interview-6-8-16/

キース・エマーソンが生きていたら、まだELPをやっていたか?:
やらない。昔の水準でもう演奏できなくなっていたから。特にキースは腕に故障を抱えていた。キースは賛成してくれたが、グレッグはやり続けたいようだった。多くの大御所バンドがやっているように、サポートキーボードとギターを入れるようにも示唆したのだが、それも実現しなかった。
キースが亡くなってなければ、いくつかのショーで一緒に演奏する予定もあった。1つは本決まりだった。キースがそこまでひどいとは思ってなかった。本当に突然のことだった。
Carl Palmer's ELP Legacyはキーボードトリオではなく、ギターとベースの3人編成だが?:
懐メロの再演をするという手もあるのかもしれないけれど、そうはしたくなかった。ギターの方が色々な可能性があると思ったし、ELPの音楽は違う編成でも機能すると思った。キースは気に入ってくれていた。バンドにキーボードがいなかったので、ここにキースが加わってくれてたらよかったのだけれど。
本当はELPに参加したくなかったという話は本当?:
本当だ。だって、自分のバンドのアトミック・ルースターがうまくいってたから。でも演奏しだしたらうまくいった。演奏外では色々な問題が起きたが。
また、ドラムスティックにLEDを仕込んで写真撮影した、コンテンポラリーアート作品についても語っている。作品はこちらで買える(http://carlpalmerart.com/?page_id=45)。

ちなみに、ジミ・ヘンドリクスが参加してHELPというバンドになる予定だった、というのはあくまで噂だったらしい。

その他、今の自分の演奏水準をキープできなくなったら引退する、ということも述べている。

2017年4月14日金曜日

ELP: Once upon a time in South America レコード化



2015年に発売された、エマーソン、レイク&パーマーの1993年と1997年のライブを収録した4枚組CDがLP化されるそうです。USのアマゾンではすでに予約受付をしていますが、日本ではまだの様子。LP2枚なのでCD全曲ではなく、1993年のライブのみの収録ですが、トラックは次の通り。

LP1 S1:(Santiago, Chile on April 1, 1993)

  1. Introductory Fanfare
  2. Tarkus
  3. Knife Edge
  4. Lucky Man

LP1 S2:(Santiago, Chile on April 1, 1993)

  1. Hoedown
  2. Fanfare For The Common Man – America – Blue Rondo a la Turk

LP2 S1:(Buenos Aires, Argentina on April 5, 1993)

  1. Paper Blood
  2. Black Moon
  3. Creole Dance
  4. Instrumental Jam

LP2 S2:(Buenos Aires, Argentina on April 5, 1993)

  1. From The Beginning
  2. Karn Evil 9 1st Impression Part 2
  3. Pictures At An Exhibition
  4. 21st Century Schizoid Man
  5. America

2017年4月11日火曜日

ジ・エヴァーラスティング ~ベスト・オブ・ELP~(6CD)



ご存知の通り、2016年にキース・エマーソン、グレッグ・レイクが相次いで世を去った。ELPは70年代にはレッド・ツェッペリンと並ぶほどの人気と名声を博したにもかかわらず、80年代以降は一般には忘れ去られ、その特異な音楽性ゆえか、散発的な活動再開しかできなかったからか、今でもあまり顧みられることはない。

そんな中、追悼商法といえばそれまでだが、ELPの新たなベストが出た。2000年以降の半公式ライブ盤(しかも愛のない内容)乱発の流れから見ると、またベストか的な気もしなくもないが、未発表音源も収録されているという。

内容は以下の通り。

ディスク:1
  1. ナイフ・エッジ
  2. ラッキー・マン
  3. ジェレミー・ベンダー
  4. ジ・オンリー・ウェイ
  5. タイム・アンド・プレイス
  6. アー・ユー・レディ・エディ
  7. フロム・ザ・ビギニング
  8. シェリフ
  9. トリロジー
  10. リヴィング・シン
  11. 聖地エルサレム
  12. 用心棒ベニー
  13. 今夜は愛の光につつまれて
  14. セ・ラ・ヴィ
  15. ノーバディ・ラヴズ・ユー・ライク・アイ・ドゥ
  16. 海賊

ディスク:2
  1. 孤独なタイガー
  2. 恐怖の頭脳改革
  3. 君を見つめて
  4. ソー・ファー・トゥ・フォール
  5. 夢みるクリスマス
  6. 迷える旅人
  7. 欲しいのは君だけ
  8. ギャンブラー
  9. 将校と紳士の回顧録(a.プロローグ/紳士の教え~b.愛を感じた時~c.最前線からの手紙)~d.栄光の歩兵中隊
  10. ブラック・ムーン
  11. フットプリンツ・イン・ザ・スノウ
  12. ハンド・オブ・トゥルース
  13. ゴーン・トゥー・スーン

ディスク:3
  1. 未開人
  2. 運命の三人の女神
  3. 限りなき宇宙の果てに
  4. トッカータ
  5. ピアノ協奏曲 第1番
  6. あなたのバレンタイン
  7. バレルハウス・シェイクダウン
  8. メイプル・リーフ・ラグ
  9. ホンキー・トンク・トレイン・ブルース
  10. キャナリオ
  11. チェンジング・ステイツ
  12. クロース・トゥ・ホーム
  13. ブレイド・オブ・グラス
  14. ハマー・イット・アウト

ディスク:4(ライブ音源)
  1. プロムナード
  2. こびと
  3. プロムナード
  4. バーバ・ヤーガの小屋
  5. バーバ・ヤーガの呪い
  6. バーバ・ヤーガの小屋
  7. キエフの大門
  8. ホウダウン
  9. タルカス
  10. 石をとれ~スティル…ユー・ターン・ミー・オン~ラッキー・マン

ディスク:5(ライブ音源)
  1. ピアノ・インプロヴィゼイション
  2. 悪の教典#9(ライヴ)
  3. イントロダクトリー・ファンファーレ
  4. ピーター・ガン
  5. クローサー・トゥ・ビリーヴィング
  6. タッチ・アンド・ゴー
  7. 庶民のファンファーレ~ドラム・ソロ~ロンド
  8. ナットロッカー

ディスク:6(未発表)
  1. 悪の教典#9 第1印象〔インストゥルメンタル・ミックス〕

…どう思います? 個人的には微妙なものを感じるのですが。1〜2枚目など、確かにグレッグに焦点を当ててるところは面白いとは思うのですが、この曲順なの?と疑問に思ってしまいます。

ELPの魅力って、ものすごく多面的だと思うんですよ。ある意味バラバラで、特にエマーソンの方向性とグレッグの方向性が、同じバンドなの?というぐらい違う。それをうまくコンパイルするのは難しいのはわかるのですが、忘れ去られたELPの魅力をどのように再提示するか、というところまで踏み込んだベストかと言われると、微妙なものを感じます。とはいえ、後期ELP、特にラブ・ビーチあたりの曲もちゃんと評価して入れている点には好印象を持ちました。

なんて書いてて、意外と見過ごされがちな曲もちゃんと収録してて、これはこれで斬新なベストなのかも、と思ってしまってる自分もいたりして、ELPってやはり多くの人にとってまだまだ正当な評価を与えづらいのかと改めて思いました。しかし、改めて検索して見ると、ELPはアイテム多すぎですね……

ちなみにカール・パーマーはCarl Palmer’s ELP Legacyなんてバンドをちゃっかり始めたそうです。自分からEとLに、もうお前らとはやんね、と言っておきながら、エイジアが実質終わりになったから、次の商法を始めたというか。そういうところが、80年代以降も現役感を持って活動を続けられた理由なのかもしれません(決してディスってない)。

個人的にはWorksツアーの時の映像をきちんとリマスターの上、Blu-Rayで販売してもらえればなぁと思っていますが、やはり売れないのであろうか。

追加情報:レイクの自伝、”Lucky Man”がアマゾンで登録されています。書影が出ていますが、まだKindle版しか予約は受け付けておらず(6/22配信予定)。やはり売れないのか?



エイドリアン・ブリューがクリムゾンに復帰(但し時期は未定)

まさかの急展開に驚くばかり。メル・コリンズの復帰、ジャッコをヴォーカルに、ドラマー3人で始まった今回のクリムゾンからエイドリアン・ブリューが外されたのは既にご存知であろう。実際にはフリップはブリューに“8人目のメンバー”として準備しててくれと伝えたにもかかわらず、断られてしまった...