2017年4月15日土曜日

カール・パーマー、自身のプロジェクト”Carl Palmer’s ELP Legacy”を語る

カール・パーマーが始めた、ELP楽曲を演奏するプロジェクト、Calr Palmer’s ELP Legacyについて語っているインタビューを見つけたので、その簡単な内容を紹介する。なお、インタビューはキース・エマーソンの死後、グレッグ・レイクの生前に行われたもので、音楽ライターのロブ・パターソンによるもの。

http://bestclassicbands.com/carl-palmer-interview-6-8-16/

キース・エマーソンが生きていたら、まだELPをやっていたか?:
やらない。昔の水準でもう演奏できなくなっていたから。特にキースは腕に故障を抱えていた。キースは賛成してくれたが、グレッグはやり続けたいようだった。多くの大御所バンドがやっているように、サポートキーボードとギターを入れるようにも示唆したのだが、それも実現しなかった。
キースが亡くなってなければ、いくつかのショーで一緒に演奏する予定もあった。1つは本決まりだった。キースがそこまでひどいとは思ってなかった。本当に突然のことだった。
Carl Palmer's ELP Legacyはキーボードトリオではなく、ギターとベースの3人編成だが?:
懐メロの再演をするという手もあるのかもしれないけれど、そうはしたくなかった。ギターの方が色々な可能性があると思ったし、ELPの音楽は違う編成でも機能すると思った。キースは気に入ってくれていた。バンドにキーボードがいなかったので、ここにキースが加わってくれてたらよかったのだけれど。
本当はELPに参加したくなかったという話は本当?:
本当だ。だって、自分のバンドのアトミック・ルースターがうまくいってたから。でも演奏しだしたらうまくいった。演奏外では色々な問題が起きたが。
また、ドラムスティックにLEDを仕込んで写真撮影した、コンテンポラリーアート作品についても語っている。作品はこちらで買える(http://carlpalmerart.com/?page_id=45)。

ちなみに、ジミ・ヘンドリクスが参加してHELPというバンドになる予定だった、というのはあくまで噂だったらしい。

その他、今の自分の演奏水準をキープできなくなったら引退する、ということも述べている。

0 件のコメント:

コメントを投稿

ヴォイニッチ手稿がついに解読か?謎の言語は古チェコ語が元

https://www.novinky.cz/kultura/440892-autorem-voynichova-rukopisu-psaneho-neznamym-jazykem-je-jiri-iii-z-lichtenstejna.html チェコ語のニュースだ...