2017年6月5日月曜日

新事実!エイドリアン・ブリューはクリムゾンを辞めさせられたのではなかった

キング・クリムゾンが数年前に復活し、年に半年ほどツアーをしていることは既にご存知だと思う。今年は1年のサバティカル(研究期間)を経てビル・リーフリンが復帰、歴代最多の8人編成となったが、そこにはエイドリアン・ブリューはいない。現編成での復活が決まった時、フリップから「新しいクリムゾンに君の居場所はない」と言った素っ気無いメールが送られてきて、ブリューは解雇になったとこれまで思われていた。何しろブリュー本人がそう言っていたのだから。

だが、本日公開されたフリップの日記によれば、事実は違うようである。
https://www.dgmlive.com/diaries/Robert%20Fripp/RF_diary_2017_June_2

この日記にはフリップがブリューに送ったメール内容が引用されている。要約すると以下の通りになる。

何年か前に君がナイン・インチ・ネイルズと仕事をしている時、「今なら僕抜きのクリムゾンがやれるよ」と言ってたけど、そんなことは考えなかった。でもあるとき、新しい編成での復活を思いついてしまった。7人のメンバーで3人がドラマーなんだ。昨日、最後のメンバーが加入に同意した。君のためのクリムゾンでは無いが、君はメンバーじゃなくなったということではなく、8番目のメンバーなんだ。トニーが10年間そうだったように。活動を始める前に君にこの事を伝えたかった。君は凶悪な野獣から逃れられたんだよ。

ところどころおどけた表現が見られる。そして何回かのメールのやり取りの後、ブリューが電話で話したいというので会話したところ、8番目のメンバーになる準備はないこととバンドを脱退する事を告げられたという。

ディシプリン期のメンバーでの復活についても、フリップは断ったのではなく、ブルーフォードがイエスと言わないだろうから、同意しなかっただけだったと弁明している。当該の日記では、ブリューの最近の活動について肯定的に紹介しており、これまで考えられていたような敵意は感じられない。

ブリューはfacebookで、今のクリムゾンの活動について興味はないし音も聞いていない、クリムゾンについてもう聞かないでほしい、と書いている。長らくファンから否定的に言われることに疲れたのかもしれない。

ブリューは現在、エイドリアン・ブリュー・パワートリオでの活動を主軸としている。iOS向けアプリのfluxも高い評価を得ており、2016年にはピクサーのアニメーション『ひな鳥の冒険(原題:piper)の音楽を担当、映画はオスカー賞やアカデミー賞を受賞している。

そして余計なお世話だが、本人の発音では、ブリューではなく、ブルーが正しい発音のようだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

ヴォイニッチ手稿がついに解読か?謎の言語は古チェコ語が元

https://www.novinky.cz/kultura/440892-autorem-voynichova-rukopisu-psaneho-neznamym-jazykem-je-jiri-iii-z-lichtenstejna.html チェコ語のニュースだ...