2017年6月30日金曜日

セロニアス・モンク未発表音源『Thelonious Monk – Les Liaisons Dangereuses 1960』

セロニアス・モンクの未発表録音がフランスのSam Recordsで発売された。内容は、映画「Les Liaisons Dansereuses(危険な一致)」のために録音された1959年の演奏。CDLPでの発売となる。内容は同等。録音はニューヨークにて。フランス映画だからか、ゲストとしてバルネ・ウィランが参加している。

  • Charlie Rouse (Tenor Saxophone)
  • Barney Wilen (Tenor Saxophone) Tracks A1, A2, B4 & C1
  • Thelonious Monk (Piano)
  • Sam Jones (Bass)
  • Art Taylor (Drums)
    Recorded at Nola Penthouse Sound Studio, 111 W. 57th., New York, N.Y., July 27, 1959.
CD #1
  1. Rhythm-a-Ning  5’47
  2. Crepuscule with Nellie  5’16
  3. Six in One  4’28
  4. Well, You Needn’t  4’57
  5. Pannonica (solo)  2’27
  6. Pannonica (solo)  2’55
  7. Pannonica (quartet)  6’20
  8. Ba-Lue Bolivar Ba-Lues-Are  6’57
  9. Light Blue  2’47
  10. By and By  1’47 (We’ll Understand It Better By and By)
CD #2
  1. Rhythm-a-Ning (alternate)  5’36
  2. Crepuscule with Nellie (take 1)  2’29
  3. Pannonica (45 master)  6’53
  4. Light Blue (45 master)  4’09
  5. Well, You Needn’t (unedited)  6’47
  6. Light Blue (making of)  14’13

0 件のコメント:

コメントを投稿

エイドリアン・ブリューがクリムゾンに復帰(但し時期は未定)

まさかの急展開に驚くばかり。メル・コリンズの復帰、ジャッコをヴォーカルに、ドラマー3人で始まった今回のクリムゾンからエイドリアン・ブリューが外されたのは既にご存知であろう。実際にはフリップはブリューに“8人目のメンバー”として準備しててくれと伝えたにもかかわらず、断られてしまった...