2011年7月31日日曜日

Kurt Ellingによるキング・クリムゾンカバー - Matte Kudasai

40th Anniversary Editionの告知のところで書いていた、ジャズシンガーKurt EllingによるMatte Kudasai(待って下さい)のカバー。YouTubeで見つけたもの。結構普通にジャズしているが、原曲のイメージからそれほど離れていない。原曲にジャズのテイストがあったと言うことなのだろう。


70年代からのクリムゾンファンは、「Discipline」を買って「待って下さい」というタイトルにのけぞったと言うが、こうして聴くとなかなかの名曲である(私は昔から80年代クリムゾンは大好きだ)。アルバムにはそのほかにも、スティーヴィー・ワンダーの「Golden Lady」やビートルズの「Norwegian Wood」、マイルス・デイビスの名演で有名な「Blue In Green」などが収録されている。なかなか聴き応えがありそうだ。


0 件のコメント:

コメントを投稿

ダブルトリオ期キング・クリムゾンのThrak、バンドスコア発売

最近、Island期(Poseidon〜Islandまでのアルバムとライブ)ボックス「Sailor's tail」や2016年と2017年のライブ版、さらにBrufordのボックスまで出ていてリリースが相次ぐクリムゾンですが、なんとThrakのバンドスコアが発売されていま...