2011年7月31日日曜日

Kurt Ellingによるキング・クリムゾンカバー - Matte Kudasai

40th Anniversary Editionの告知のところで書いていた、ジャズシンガーKurt EllingによるMatte Kudasai(待って下さい)のカバー。YouTubeで見つけたもの。結構普通にジャズしているが、原曲のイメージからそれほど離れていない。原曲にジャズのテイストがあったと言うことなのだろう。


70年代からのクリムゾンファンは、「Discipline」を買って「待って下さい」というタイトルにのけぞったと言うが、こうして聴くとなかなかの名曲である(私は昔から80年代クリムゾンは大好きだ)。アルバムにはそのほかにも、スティーヴィー・ワンダーの「Golden Lady」やビートルズの「Norwegian Wood」、マイルス・デイビスの名演で有名な「Blue In Green」などが収録されている。なかなか聴き応えがありそうだ。


0 件のコメント:

コメントを投稿

エイドリアン・ブリューがクリムゾンに復帰(但し時期は未定)

まさかの急展開に驚くばかり。メル・コリンズの復帰、ジャッコをヴォーカルに、ドラマー3人で始まった今回のクリムゾンからエイドリアン・ブリューが外されたのは既にご存知であろう。実際にはフリップはブリューに“8人目のメンバー”として準備しててくれと伝えたにもかかわらず、断られてしまった...