2005年2月11日金曜日

訃報・ジミー・スミス逝去



http://edition.cnn.com/2005/SHOWBIZ/Music/02/10/obit.jimmy.smith.ap/index.html


http://www.concordrecords.com/





ジャズ・オルガン奏者、ジミー・スミスが2月8日に亡くなった。享年79歳。死因ははっきりとしていないが、自然死だという。所属していたConcordレコードによると、遺作となる2つのスタジオセッションをまとめて、『Legacy』と題して2月15日に発売されるという。アルバムは彼の死に合わせて急遽発売されるものではなく、前もってリリース予定に入っていたらしい。アルバム発表後の15日より、アメリカツアーもスケジュールされていたというから、まさに突然の出来事だったのだろう。





ジミー・スミスを知らない人のために簡単に説明すると、ハモンドオルガンをジャズの世界に持ち込んだパイオニア。超絶的なテクニックで、オルガンをジャズのスター楽器に仕立て上げた。足鍵盤でベースを弾きながら、左右の手でピアノと同等の手数の演奏をすると言うことから、「ジャズ界第7の不思議」(マイルス・デイビス)とまで言われた。ピアノをフィラデルフィアのOrnstein School of Musicにて習ったと経歴にあるのだが、これはLeo Ornsteinの開いていた学校だろうか? この学校には若き日のコルトレーンも学んでいる。





ともあれ、合掌。また一人、伝説が消えた。





0 件のコメント:

コメントを投稿

ロバート・フリップがジョー・ザヴィヌルと話している写真

DGMからのニュースで知りましたが、キング・クリムゾンのロバート・フリップが、ウェザー・リポートのジョー・ザヴィヌルと話している貴重な写真を発見しました。90年代半ばのラジオ番組でのことで、フリップはクリムゾンのリハーサル音源を放送したとのこと。 記事はスペイン語のた...